無垢材の家具


―杉―

一般に軽く軟らかで、加工性が良く、木目がよく通っている。耐朽・保存性は心材においては中位で、辺材は低い。
乾燥は容易。家具材・器具材など用途は広範だが、建築材としては天井板、垂木などに、また、北山杉(京都府)・吉野杉(奈良県)などの磨丸太・絞丸太は銘木として床柱などに使われる。
心材に含まれる精油には特有の香りがあり、日本酒に木香を与えるため、酒樽にも使われている。
風早 杉ロングテーブル 杉ローボード
LSテーブル    

―タモ―

年輪のハッキリした環孔材。心材は淡黄褐色、辺材は淡黄白色。
木理は大体真っ直ぐだが、美しい杢が出る事もあり、これをタモモクと呼ぶ。年輪の幅により重さ、硬さ、強さがかなり違う。
年輪の幅が狭く密なものは、糠目(ぬかめ)と呼び、軽くて軟らかい。
粗いものは粗目(あらめ)と呼び、重くて硬く、強い。木目にムラが無く、粘りもある。着色性も良い。
良質有用な材で、建築、家具、器具、運動具、楽器など広範囲な用途がある。
バローテ ビガー
玉名 那智 最上

―ウォールナット―

軽い割りに強度と粘りがあり狂いも少なく、乾燥もしやすい。
比較的軟らかいので加工性が良い。着色性も良いが、ウォールナット独特の紫色を帯びた灰色も美しい。経年変化によりタンニンの影響で黒くなる。
アメリカ、ヨーロッパでは木材のうちで最も人気のある材の一つである。
日本ではかつて、家具、内装用にウォールナットが大量に用いられ、ブームになった時期もあった。
伝統的に銘木として扱われ、知名度も高い。
新月 花月
ピアヌーラ ピアヌーラダイニング